「理容師憲章」

私たち理容師は、理容師法第一条に則り、国民生活の衛生と安全を守るために存在する。


「理容師法第一条第一項」

この法律は理容師の資格を定めると共に、理容の業務が適正に行われるように規律し、もって公衆衛生の向上に資することを目的とする。

鋏・櫛

エタノール消毒

法定消毒工程

御客様毎にエタノールで消毒されたワゴン上、御客様毎に交換するステンレス皿に鋏と櫛を置きます。そしてエタノールを噴霧します。
 

鋏・櫛

エタノール消毒

法定消毒工程

御客様毎に鋏と櫛にエタノールを噴霧します。そして、アルコールテッシュで拭きます。。当店では厚生労働省が「感染症の温床」としている「シザースバック」は使用いたしません。
 

トリマー・バリカン

エタノール消毒

法定消毒工程

御客様毎にトリマー・バリカンにエタノールを噴霧します。
 

アルコールを吹きかけます。
アルコールテッシュで拭きます。
お客様毎の作業です。

カミソリ・第一工程

水道水洗浄

法定消毒工程

使用後、水道水にて洗浄します。泡や汚れを洗い流します。
 

カミソリ・第二工程

中性ナノ洗剤ロータスクィーン

法定消毒工程

水洗後に、カミソリにテッシュペーパーを巻きつけ、脂などの汚れをナノ分解する中性ナノ洗剤ロータスクィーンを噴霧します。噴霧後にテッシュペーパーで物理的に汚れを除去します。
 

カミソリ・第三工程

弱酸性次亜塩素酸水溶液フィリオ30

法定消毒工程

水洗後に、カミソリにテッシュペーパーを巻きつけ、肝炎ウイルス不活性化濃度(500ppm)のフィリオ30を噴霧します。製品独自のエビデンスがある製品です。
 

カミソリ・第四工程

エタノール浸漬・超音波洗浄

法定消毒工程

水分をテッシュペーパーで取り、78%エタノールへ浸漬。2分間の超音波洗浄後に10分浸漬させます。
 

カミソリ・第五工程

弱アルカリ性洗浄ルネサンス

法定消毒工程

エタノール浸漬後、第三者試験機関により約98%のタンパク質剥離効果がある医療用洗浄液ルネサンスへ浸漬させて保管します。使用時には取出して水洗いします。
 

シェービングブラシ・第一工程

水道水洗浄

法定消毒工程

使用後、水道水にて内部洗浄します。シェービング石鹸(界面活性剤)の働きで、付着したタンパク質を排除します。
 

シェービングブラシ・第二工程

中性ナノ洗剤ロータスクィーン

法定消毒工程

水洗後に、ブラシ内部に脂などの汚れをナノ分解する中性ナノ洗剤ロータスクィーンを噴霧します。噴霧後に軽く揉んで洗浄し、物理的に汚れを除去します。その後に水洗します。
 

シェービングブラシ・第三工程

弱酸性次亜塩素酸水溶液フィリオ30

法定消毒工程

水洗後に、ブラシ内部に肝炎ウイルス不活性化濃度(500ppm)のフィリオ30を十分に噴霧します。軽く揉んでブラシ全体に馴染ませませ、乾燥させます。
 

シェービングカップ・第一・二工程

弱酸性次亜塩素酸水溶液フィリオ30

法定消毒工程

使用後、水道水にて内部洗浄します。シェービング石鹸(界面活性剤)の働きで、付着したタンパク質を排除します。その後にフィリオ30を内部に十分噴霧して殺菌し、乾燥させます。
 

洗浄によりHBVやHCVの感染をより完全に除去できる。
ウイルスで汚染された時の最も基本的な処理方法である。

ー厚生省保険医療局ウイルス肝炎感染対策ガイドラインよりー

消毒・滅菌の前によく洗浄すること

医療ガイドラインより

 当たり前のコトを自慢します。

私達「理容師」は白衣を着る仕事であり、それが原点と考えます。その白衣は「衛生」を象徴し、「安心」を生み出します。その「衛生」「安心」の現場で白衣を脱ぎ普段着を着てまで、ファッション性をアピールする必要はないと当店は考えます。 当店は従来の理容師法に定められた消毒をさらに進化させウィルスを対象にした消毒法を実践しております。そのウィルスとは主にエイズウィルスと肝炎ウィルス。御客様の安全を重点に、「実行の消毒」を毎日行っております。
 
ですから申し訳御座いませんが、御客様御一人にかかる時間が一時間弱と長くなっております。お待たせする原因です。効率重視の仕事ではできない事を当店は実行します。
お客様ごとにワゴン上部、道具を置くステンレス皿はもちろん、ハサミや櫛・バリカンにいたるまでお客様ごとに消毒した状態でご使用いたします。襟タオルはもちろんお客様ごとに清潔なタオルに交換いたします。